札幌市大通りの入れ歯専門クリニック「コンフォート入れ歯クリニック」の治療用入れ歯

治療用入れ歯

治療用入れ歯の必要性

1. 合わない入れ歯

術前入れ歯

合わない入れ歯を使っていると、噛むための顎の機能が著しく低下し、表情筋が衰え、歯ぐきもどんどん痩せていきます。合わない入れ歯を使いこなすための不必要なクセもついてしまうので、その結果、何度作り直しても外れやすく、痛みも取れない病んだ状態が続きます。

2. 治療用入れ歯での矯正

治療用入れ歯

治療用入れ歯を使い、リハビリやトレーニングをすることで筋肉をほぐし、顎を自然な位置に誘導し、噛み合わせを正確に調整します。

保険治療のように単純に入れ歯を作るのではなく、入れ歯を使うことで病んだ状態をしっかり治療します。

3. 入れ歯完成まで

完成入れ歯

また、治療用入れ歯は調整のしやすい素材で作られているので、調整や試着が何度でも可能です。そのため、ご自身の理想の形を見つけることができますし、また入れ歯を即日修理できるので治療中に抜歯がある患者様の場合でも、入れ歯がない期間はまったくありません。

治療中であっても「機能や見た目を大切にする」。それが当クリニックの入れ歯治療です。

CopyRight(c) 2015 コンフォート入れ歯クリニック.All Rights Reserved.