ブログ Staff Blog

予備の義歯

こんにちは。
コンフォート入れ歯クリニック カウンセラー小林です。

北海道胆振東部地震から2週間が経ちましたが、
いまだに避難されている方が多くいます。

今回は夜中の3時に発生し身一つで避難された方もいます。
そこで共通して聞くのが、
寝ている時に義歯を外したままで歯がない。

義歯がなければ食事がままならず精神的にダメージを受けているところで体力にもダメージを受けてしまいます。

私達は食事から栄養を取っています。
そして噛むことで脳が働きます。
噛むことで活力が湧いてきます。
噛むことで心の正常も保つことができます。

患者様とお話をしている時にそのようなことを心配され不安な毎日を過ごしていることがあります。

義歯を作る。
不自由なく快適になった。


そして、その次に。
準備をして、し過ぎることはないと考えてもう一つ
何でも無くても2個めの義歯を作る患者様が現にいます。

その方は移動時にもカバンや車に予備を入れています。

ある方は就寝時用の義歯を作り日中の義歯は浸け置き洗いをして寝る時に別の義歯を装着しています。

正解はありません。
その方が良いと思われる方法で安心できるのでしたら私は良いと考えます。

スペアの義歯や抗菌・洗浄グッツを防災セットに入れておく。
日頃からメンテナンスをして万全にする。

スペアがあればまた新しい義歯を作る時の参考となります。
義歯はまったく同じ形を再現するというのは不可能です。
でも参考となる形があれば近づけることが可能です。

そんな私も犬を飼っているので緊急時は犬を抱えて階段を降りるのが精一杯だと今回の地震で理解しました。
野外駐車場に止めてある車にある程度の防災リュックを準備してあります。

備えあれば憂いなし

命に関わる大事なことです。
気付いた時に行動を起こす。


「義歯の調子、悪いけどまだ大丈夫。」

本当に?
明日調整に行けるかどうかわかりません。


コンフォート入れ歯クリニック カウンセラー小林

公開:
更新:
TOPへ