ブログ Staff Blog

急いで作る義歯は良い義歯か?

こんにちは。
札幌で入れ歯専門歯科 コンフォート入れ歯クリニックの
カウンセラーをしてます小林です。

そう言えばカーリング ロコ・ソラーレの「そだねー」「もぐもぐタイム」が新語流行語にノミネートされましたね。ぜひ大賞を取ってほしいですね。楽しみです。

今回は義歯のお話です。

カウンセリングのご希望として
「すぐに何でも食べられるようにして下さい」というご相談を受けます。

お悩みの解決はただ新しい義歯を型取り作ることではありません

【お悩みの原因を探る】ことです。

その原因が分からなければ何個新しく作っても同じ結果です。
自費義歯は材料が良いからすべて解決することではありません。

「どの部分を改善させると良くなるか?」

このことを考える事は患者様を理解しようと親身になってくださっている歯科医院だと思います。

技術だけでは決して解決致しません。


そして急ぐことは良いことなのか?
急げばそれなりの義歯です。【作る】が目的なら可能です。
自費診療はスピード重視ではありません。
スピード重視なら作業工程が少ない保険診療です。


そうは言ってもご相談により可能なこともあります。
当院では急ぐ理由をお聞きしてます。

・遠方からのお越して通院が増えると体力的に難しい

・いついつまでに何とか間に合わせて欲しいなど期限付き

・審美はそれほど優先ではない(細かなこだわりはない)

など理由により考えて努力することもあります。
おすすめはしておりません。

新しい義歯だからこそ【練習、リハビリ】は必要です。

新しい義歯になる前に【治療用の義歯】を出来ればおすすめしております。

患者様によっては長い年月をかけ今の義歯を使用されている場合があります。10年、20年、30年同じ義歯を使用されている方がいます。
長い年月同じ義歯を使用されていたお口の環境は今の義歯になれきっています。少しずつおとずれるズレはご本人の自覚がありません。

その為、いきなり「新しい義歯です。使ってください。」
では結果がみえています。
すぐに馴染む方はほんの一握りです。
通常は違和感、外したい衝動、喋りづらい、嘔吐反射、舌や頬を噛む、噛み合わせが安定しない、噛み合わせの高さの変化により筋肉が疲れる、痛いなど症状は様々です。

本来の新しい義歯の治療は、
【時間をかけ新しい義歯を受けいれる準備】
も含めた正しい義歯の作製です。

治療期間は半年から1年くらいかかることもあります。
それでも何十年のズレをたった半年から1年で解決させるのですからお互いの努力の賜物です。

それくらい【新しい義歯となる】ことは慎重に行うべきことです。簡単ではありません。
義歯は単なる道具です。体の一部ではありません。
義歯を作るという事は服を新調する事とは異なります。
柔らかい粘膜に硬い材料が乗りそして飾りではなくお口の色んな動きに適応しなくてはなりません。

例えば、義足。装着する練習、立ち上がる練習、一歩ずつ前に進む練習、スムーズに歩く練習と同じです。

もっと身近な物だと新しい靴。

新しい靴ですぐに100メートル走は靴擦れを起こす可能性があります。靴を慣らしてご自分の足に合わせていく必要があります。

お口の中が怪我しないように慎重に取り組み合っている義歯を上手く使いこなす。

楽観的に考えずに患者様が辛い思いをしないようにひとつひとつをクリアして穏やかな毎日を送って欲しいと願います。

コンフォート入れ歯クリニック  小林

ホームページ
https://comfortdc.com

<今日の池田先生>

割と楽観的(?)なケーキ大好き先生

#患者様 #治療期間 #遠方 #自費診療 #義歯 #コンフォート #慎重派 #歯科医院 #入れ歯 #札幌

公開:
更新:
TOPへ