ブログ Staff Blog

義歯でのアンチエイジング

こんにちは。

札幌で義歯専門歯科をしているコンフォート入れ歯クリニック

カウンセラー小林です。

最近は温暖化の影響か北海道らしくない天候で戸惑います。

札幌は、台風がそれて(?)朝の時点では風も強くなく雨にも当たらずに出勤することができました。



今日はアンチエイジングについてです。

【アンチエイジングとは?】

加齢による身体の老化を可能な限りゆるやかにすること。

美容・健康・医療など幅広く考えることが出来ます。

歯科では、歯を失い噛めない事は老化を早く進めてしまうことになります。噛むことに必要な筋肉、それに伴う喉や舌の機能、お顔の表情、内臓器官、姿勢のゆがみ、メンタル面とすべて結果として表れてきます。表面だけ若々しく作り物の美しさを取り繕うのではなく内面から若々しくいる。



私達は平等に年を重ねます。

皆、同じなのに人により違いがあるのはなぜか?



健康的な美しさをキープ出来ている人は、

【プラス思考でありながらマイナスへの対策も考えている】のではないでしょうか?楽観的に物事を考えずにマイナスの予測をたてそれにならないようにするにはどうすると良いかを理解し行動している。当たり前でありながら面倒なこともあります。


例えば、歯科でも【トラブルで1本歯を失った】

その後をどう考えるかで人生の分かれ道。

ある人は「1本失ったらどうなるの?大変!他の歯が負担によりまた失うかもしれない・・・。歯科は苦手だけど自分に合う歯科医院を探して早めに対処しよう。」

またある人は「人から見える前歯だったら治すけど奥歯ならまだ他の歯で噛めるし大丈夫。歯科は嫌だしなるべく行きたくない。なんとかなる。」

確かに1本くらいの歯の欠損ならそれほど困らないと思います。

しかし、その1本からお口の崩壊が始まります。

お口の中、その1本だけ特別悪くなるとは考えられません。

たぶん、同じ条件でただ時期が少し違うだけと考える方が自然の流れではないでしょうか?

状況の悪化は簡単に進みます。


アンチエイジングは「そのまま流さずに考える」ことが大切だと思います。常に疑問を持ち考える。

出来事が通り過ぎるのを待つのではなく価値があるならやってみる。

義歯を作ることも、アンチエイジングとなります。

機能が低下しないように失った歯を補う義歯を装着し歯があった頃のように噛めるように整える。

とても大切な取り組みです。

義歯を装着するのは簡単ではありません。

「あの時にこうしておけば良かった!」というセリフを私は何度も患者様からカウンセリング中にお聞きします。

そうなる前に。

深刻になる前に一度立ち止まりご自分のお口の中を確認して下さい。

また、合わない義歯を長く使用していることで変なクセが出来てしまう。すり減り嚙み合せが低くお顔が潰れて起こるお顔のたるみやシワを気にされている方、その予防を考えて歯科衛生士が行うフェイシャルトリートメントなどもございます。

ぜひご興味をお持ちになりましたらご連絡下さい。

<今日の池田先生>



コンフォート入れ歯クリニック  小林

公開:
更新:
TOPへ