ブログ Staff Blog

義歯と上手く付き合う方法を考える

こんにちは。

札幌 コンフォート入れ歯クリニック カウンセラー小林です。


ただいま当院は大変混み合っております。

無料カウンセリングのご予約はお早めにご連絡下さい。

よろしくお願い致します。


皆さんは義歯を装着した時に詳しく歯科クリニックから

義歯の使用方法、使用後のケアなどはお聞きになりました?

なんとなく理解して自己流になっていませんか?



例えば・・・


★毎日の洗浄剤ご利用を1日置きや同じ洗浄液を2日間使用

★歯磨き粉で義歯を磨いている

★義歯を熱湯でグツグツ煮て消毒している

★義歯が割れた時にご自分で接着剤を使用して応急処置したまま

★ちょっと噛むと痛いけど先生に診てもらうほどではないと判断してご自分でヤスリをかける

★お口に合わないけど壊れていないから入れ歯安定剤で隙間を埋めて対応している

★義歯を掛けている残存歯が欠けたが意外と義歯が安定しているからそのままでいる



などなど、今まで患者様から実際にお聞きしたい一例です。


問題ないと習慣化された事に疑問を持たないかもしれません。

しかし、それはいつか思わぬトラブルになります。



まず、義歯が正常ではないと

【義歯と上手く付き合う】ことができません。

そしてお口の環境もです。

正常とはどんなことか?

★歯があった頃と同じ高さ、嚙み合せである

★左右のバランスが均等である

★痛い、外れるなどの症状が常にではない

★制限されないある程度の自由な動きが出来る

★どこかがストレスなくリラックスできている

★機能的に優れていること(噛む・話す・歌う)

★審美的に優れていること(歯の見え方、ハリ、輪郭などが自然)

★義歯の表面が汚れにくい艷やかであること

★歯の負担、歯ぐきの負担が部分的に極端ではないこと

★歯ぐきに腫れや傷がなくなめらかなこと

★顎関節がスムーズに機能すること


などなどが挙げられます。




そして、やっと患者様の

【義歯と上手く付き合う方法】

のスタートです。

義歯での使用範囲を理解する。
その日のお口の中の状況を理解する。

正しい取り扱いをする。
定期検診を怠らない。

何か気になることがあれば相談する。
お口の環境変化により義歯の修理を理解する。


当たり前と思っていたことが実は間違いだったり
良かれと思っていたことが悪化させる行動だったりもします。


【義歯は絶対こうでなければならない】はありません。
しかし、ある程度のルールはあります。

ご自分に合う義歯と出会える事はそう簡単ではありません。
できれば、その合っている義歯を快適に安心して長くご使用して欲しいと思います。
だって、義歯も大事だけど義歯に振り回されないで
もっと他のことに大事なお時間を向けてほしいと願います。


大切な時間、大切な人、大切な場所など人生を楽しんでほしい!



だから義歯を大切に扱って下さい。

札幌 コンフォート入れ歯クリニック カウンセラー小林

ホームページ
https://comfortdc.com

<今日の池田先生>

ツリーと先生シリーズしつこいですか?

#札幌 #義歯 #入れ歯 #歯科クリニック #使用方法 #コンフォート #大切に扱う

公開:
更新:
TOPへ