ブログ Staff Blog

義歯は必要か?幸せへの道です。

こんにちは。
コンフォート入れ歯クリニック カウンセラー小林です。

<当院の理念>
【私達は義歯治療を通じて関わる全ての人を幸せにする】

義歯を装着するというのはストレスになることがあります。
患者様が嫌なことを我慢してもらうのではなく患者様が少しでも今より幸せに感じられるようにするにはどうすると良いのか?を目標に考えます。

歯が抜けブリッジが難しい本数や不可能な時にインプラントも考えないとしたら歯に代わるモノとして義歯(入れ歯)は必要です。

私はそれを今まで沢山の患者様の症例を診て強く思います。
お口の中の不具合がある方はお元気でいられません!

それはお体も心もです。

何をするにでも健康である人と比べて上手くいっていない事が多いようです。そして状況に歯止めがなく悪くなる一方です。
自然に治癒するということはありません。
ご自分でも知らないうちに悪化は進みます。

「でも・・・義歯って慣れるまで大変でしょ?」
「すぐに義歯が出来上がるといいのだけど・・・」

よくお聞きします。義歯を作るのは患者様も私達も努力が必要です。歯を削ってつめる虫歯の治療とは違います。ご自分で着脱可能なモノをご自分の体の一部のように慣れるのは少しお時間が必要です。

しかし、歯を失ってそのままで過ごすことの方がこれからの人生を考えたらもっと辛い長いお時間です。

義歯に慣れるのは個人差もありますがだいたい平均2〜3ヶ月です。「その形で絶対慣れて下さい。」ではなく、すり合わせの調整や色々と試して使用しながら試行錯誤があって慣れるまでの期間です。

どうでしょう?
人生の中のお時間と考えたらほんの一瞬です。

そしてひとりで頑張るのではなく私達も一緒にお話をお聞きしながらこれからのことを考えていきます。

義歯を使いこなすには作る前とその後に考えていくことが出来るのです。

義歯は単独では立てないので歯や歯ぐきに支えられ装着します。なるべく密着した形、高さを決めて舌や頬の邪魔にならないように入れられるようにするには一回でそれを決めるのは難しいことです。お口は色んな動きをします。


歯の欠損が多く歯があった頃とだいぶ状況が変化してしまっていたら尚更です。義歯は装着してそれでおしまいではなくそれを使用し【食べる・しゃべる】など機能しなくてはなりません。

また動作の他に審美的な解決もとても重要です。
お気持ちも明るくなり今よりもっと行動範囲が広がります。
人と接すことは内面から健康的になり認知症対策、アンチエイジング効果だってあります。

噛める喜び・滑舌良くお話する
手やマスクで隠すこと無く思いっきり笑う

当たり前のことをするのに義歯は必要です。

そのお手伝いを致します。
使用するご本人やその周りの方の幸せを
今よりもっとを目指します。

コンフォート入れ歯クリニック カウンセラー小林

公開:
更新:
TOPへ