ブログ Staff Blog

義歯は誰でも入れられる?

こんにちは。
札幌 入れ歯専門歯科 コンフォート入れ歯クリニック
カウンセラー小林です。

カウンセリングに訪れる患者様の中で
「私でも義歯を入れられますか?」と聞かれることがあります。
義歯を入れられない人はほとんどいません。

義歯に慣れるまでお時間がかかる方はいますが
義歯は選ばれた人しか出来ないということはありません。

例えば・・・

歯がないので差し歯が出来ない。
根っこがなければ差し歯を立てられません。

お体の問題によりインプラントが出来ない。
出血を伴う手術はリスクが高い。

でも義歯は平等にどなたでも可能です。

義歯を入れるのに不安な事と言えば【吐き気】
これも解決策があります。

まず義歯がお口に合っているということが前提です。
池田 昭理事長がよく患者様に説明しているのが
嘔吐反射(吐き気)という反射神経はない。
思い込みが関係してきます。

確かに、
私達は食事で吐き気を起こすこと無く
喉の奥に食べ物を送り込みます。
食べ物が入る度に「おえ!おえ!」となっていては大変です。

対策としては【暗示・やる気・努力】です。

え〜!と思いますか?
「私は出来る!」「これを入れられる!」
「これを入れなければ次に進めない!」前向きな取り組みです。

例えば・・・・

「こんなのムリ!」「出来る気がしない!」

これでは一生入れられません。

毎日の訓練です。短時間でも毎日、義歯と向き合う。
諦めることなく試す。

あれだけ涙を流しながら青い顔をしながら
義歯を入れていた患者様が
今は皆さんと同じように普通の生活をされています。

個人差がありますが1週間から2週間くらいで慣れてきます。

そして、その【暗示・やる気・努力】と同じくらい大事なのが
【合う義歯】であることです。

お口の中でカタカタ動く、外れる義歯では慣れません。
違和感ありありの合わない義歯では
このミッションは達成されません。

義歯の目標は【動かない・安定・邪魔にならない】

  • 型取りを精密に行い丁寧にお口の中をコピー
  • 段差、厚みを極力に抑え薄い義歯で違和感をなくす
  • 上アゴには動く粘膜と動きがない粘膜の境目がありポイントをおさえ安定した形へ
  • しっかりアゴの骨を覆い面積を広げた義歯を作り安定させる
  • 噛み合わせを正しく同じ位置に戻る動きへの配慮
  • バランス良く噛め部分的な当たりをなくす
  • 完成後は多少の調整により柔軟に対応出来る


などなど・・・診ていくポイントは沢山です。


実は【精神面の支え】は義歯を作る上で大切なことです。

いくら技術がある先生でも患者様の心を無視しての
良い結果は起こりません。信頼が大事です。

【義歯を作る事が目的ではなく患者様がストレス無く
毎日の生活が快適になる事が目標】です。

義歯は作って終わりではなく使用する道具です。

患者様と一緒にお悩みを克服していく。
これは私達(歯科)側の余裕がなくては
患者様をサポートが難しいことがあります。

そのお時間や心を込めた丁寧さも含めた
自費診療であると考えます。

コンフォート入れ歯クリニック  カウンセラー小林

ホームページ
https://comfortdc.com

スタッフ紹介
https://comfortdc.com

<今日の池田先生>

公開:
更新:
TOPへ