ブログ Staff Blog

義歯を入れると痛い

こんにちは。
札幌入れ歯専門歯科 コンフォート入れ歯クリニック
小林です。



「痛い」

本当に不快ですよね。

痛いと何もする気が起こりません。

食事が楽しめない。
イライラする。
なんだか違う所も痛くなってきた気がする。

いつまで続くの?
この痛み・・・

もう義歯を捨ててしまいたい!

イライラは体に良くありません。

もしかしたら心の余裕がなくなり
人間関係も悪くしてしまうかもしれません。

雰囲気も顔も暗い
変なシワも出来ちゃう

その【痛い】原因は色々とあります。


1,義歯がお口に合わない為に当たり痛い
大きすぎる・小さすぎる・歯ぐきにフィットしていないとお口の中で動く、刺さり粘膜を傷つけます。

2,噛み合わせが悪い為に痛い
当たりのバランスが偏っている、噛み合わせの面が合っていないのでズレる、噛み合う面の凹凸がストッパーとなりロックがかかり歯ぐきから義歯が離れ粘膜の摩擦を起こす

3、義歯の使用方法が適当でない為に痛い
義歯の許容範囲以上に利用している、壊れたまま使用、クッション性の強力な義歯安定剤を長期使用し骨吸収が起きて難しいお口の環境になっている

4、食いしばりがあり痛い
常に噛み合わせて粘膜に負担がきている。
私達は通常1日の上下が咬み合う時間は15分程度と言われています。それが癖により常にギシギシ咬み合っていると歯ぐきが池田理事長の言葉を借りると【床ずれ】を起こします。圧迫されることにより血流が悪くなり酸素や栄養が行き渡らなくなる床ずれです。これは何度作り直しても原因は義歯ではありませんので同じ結果となります。


だいたいを大まかに分けてみました。
その他にも残存歯が原因など
痛い理由はひとつではありません。

そして


【痛い】を長期続けているとどうなるか?


衝撃により歯ぐきを傷つけ傷が慢性化すると腫瘍となる

これは極端だとしても・・・

骨が痛さから逃げて痩せ細る
痩せると骨の高さがなくなり義歯がつかまりにくくなる

アゴの骨の中にある神経の管の近くまで
痩せると神経が出てきて


触れるだけでもピリピリ



歯ぐきの痛みとはまた違う痛みとなる

痛いところをかばい今度は他の部分を傷つける
痛いことにマヒをしてしまい痛くなくても痛い気がする

噛むと痛いので食べ物を丸飲みし消化吸収を
サポート出来ずに内蔵疾患を起こす

外食を避け趣味を辞め人が集まる所から縁遠くなる



孤立



噛まなくなるので同年代よりお年寄り顔になる

脳も働かずに認知症の傾向が・・・・

う〜ん・・・
・・・書いていて辛くなってきました

大げさだと思いますか?
私は違う!と言いきれますか?

なってから困るより予防なんです。

私には関係ないお話と思わずに

面倒でも嫌でも歯科検診を受けて下さい。
我慢しないで下さい



治せるんですその痛み
痛い理由があります

そして
気になることはプロのアドバイスをもらう



良いお話ばかりここへ載せても
楽観的に簡単に考えてしまってはいけないと思いました

心を鬼にして
本当の現実をみて欲しいと思います!


誰のためでもないご自分のためです
ご自分の体を大切にして欲しい

あなたの存在は周りの方にとっても
大切なんです!



健康でいられること
義歯が問題なく当たり前のことができること
来年の目標にして欲しいと思います。

ホームページ
https://comfortdc.com

<今日の池田先生>

患者様へ痛いない義歯をプレゼント
サンタクロースの正体??

#痛い #義歯 #入れ歯 #合わない #くいしばり #食事 #認知症 #コンフォート

公開:
更新:
TOPへ