ブログ Staff Blog

義歯カウンセリング症例4

こんにちは。

フォート入れ歯クリニック
カウンセラー小林です

この前こんなお悩みの方がいらっしゃいました。


「入れ歯にするかブリッジにするかインプラントにするか?」

まだ歯を失ってはいなかったのですが

1本の歯の根にヒビが入っていて
おそらくそんなに長くもたないと理解されていました。

それでも今は痛いなどの症状は
なく普通に食事が出来るようです

それぞれメリット・デメリットがあり
この方のご希望は何か?

「過去にインプラント経験があり大変だったので
今回はインプラントではない方法でなるべく考えてみたい」

大変とはどんなことか?

「出血を伴う手術だった」
「期間がかかった」

インプラントはまた歯が戻ったように
咬み心地が良くお食事を楽しむことができる反面
手術となります

インプラントが安定するまでの回数というより期間がかかります

手術や期間をなくした治療法なら確かに
入れ歯かブリッジが良いと思われます

しかし
「でも両隣の歯を削りたくない」

むむむむむ・・・・


ご存知の事とは思いますが
ブリッジは両隣の歯を削り型を取り被せ物をセメント固定します


そして、
歯は元々入れ歯の金具をひっかけやすい形をしていないので
入れ歯を安定させるため、または咬んだ時の沈み込みを防ぐために爪をかけます

スペースがなくては金具をかけられません
金属の厚み分のスペースが必要です


入れ歯を選択しても両隣を削らないとは約束できません


これはなかなか難しいご希望です。


では、この患者様にとって
何が優先順位なのか?

メリット・デメリットと
色々ご質問させて頂きましたが
結局答えは見つかりませんでした。

それほどまだ現実問題として切羽詰まった状況ではないので
考え中で終了です


それでも良いと思います

色々聞いて知識を持ち
いっぱい悩んで自分にとってどの方法が良いか
ご自分で出した答えに後悔はありません

その方の考えでご納得されたら
それが正解です

また何かございましたらお待ちしております


コンフォート入れ歯クリニック

ホームページ
https://comfortdc.com

<今日の池田先生>

朝のミーティング風景

公開:
更新:
TOPへ